[PR]

 「絶交します」

 ひとことだけ、便箋(びんせん)に書いて投函(とうかん)した。京都府精華町の中田清美さん(67)が、高校2年のとき。宛先は親友の「ともこさん」。

 あれから50年。大好きな友だちに送ってしまった手紙のことが、ずっと気になっている。

 大阪の高校に入学した日。隣の席が、ともこさんだった。毎日、一緒の電車で通うようになった。帰り道にたこ焼き屋に寄り、休日は難波の街をぶらぶら。片思いの男の子が通う高校で運動会があった日、2人で会いに行った。

 2年生でクラスが分かれた。新しい友だちもできたけど、ともこさんと過ごした毎日の方が楽しくて、寂しさが募った。

 ある日。共通の友だちだった女の子に言われた。「ともこさんに、絶交状を書き」

 なぜ、断らなかったのか。どう…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら