[PR]

 夜が更けた名古屋城外堀(名古屋市中区)に、チカチカと点滅する淡い光が舞う。ヒメボタルだ。

 近くには愛知県庁や市役所などの官公庁が立ち並び、名古屋高速も通る。暗くなると、徐々に光を放ち、午後11時ごろから数が増える。

 生息地では毎夜、市民の有志でつくる「名古屋城外堀ヒメボタルを受け継ぐ者たち」のメンバーが、ホタルの観察を続け、訪れた人たちへのガイドもしている。今年は今月21日ごろからホタルの数が増え始めた。例年、6月初旬まで観察できるという。(川津陽一)