【動画】長野駅近くにイノシシ出没、大捕物に=鶴信吾撮影
[PR]

 26日早朝、長野市のJR長野駅前付近で1頭のイノシシが現れ、警察や消防、地元の猟友会などが確保のために出動して、住宅街が一時騒然となった。イノシシは午前10時過ぎに警察官らによって確保されたが、途中、散歩中の男性(60)がイノシシの牙で右太ももの付け根辺りを突かれ、けがを負った。軽傷とみられる。

 この日は朝からイノシシの目撃情報が複数寄せられた。長野県警などによると、体長約1・2メートル、体重65キロ、雌の成獣。

 午前8時すぎ、同市若里6丁目の市保健所近くのアパート裏の建物と塀の間に逃げ込んだ。現場には規制線が張られ、捜査車両が次々と到着。警察官らが盾などを使ってイノシシを徐々に追い詰めた。

 約2時間、現場はこうちゃく状態に。アパートの住民は警察官に付き添われながら敷地外に出た。午前10時前、麻酔銃で撃たれ、やがて動かなくなった。その後、確保された。(鶴信吾、関口佳代子)

イノシシ確保までのドキュメント

午前5時20分ごろ JR長野駅近くの住宅街の路上で、散歩中の男性(60)がイノシシに右太ももの付け根を突かれる

同5時30分ごろ 男性が負傷していると119番通報。長野市若里5丁目のビジネスホテル付近でイノシシを目撃

同5時50分ごろ 同市鶴賀七瀬の八十二銀行七瀬支店付近の路上でも目撃

同8時過ぎ 同市若里6丁目の市保健所近くのアパートの敷地内にイノシシを追い詰める

同9時45分ごろ イノシシが麻酔銃で撃たれる

同10時過ぎ イノシシを確保