[PR]

 自衛隊の装備品を他国に無償譲渡できるようにする改正自衛隊法が、26日午前の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。政府は中国の海洋進出を牽制(けんせい)することを念頭に、東南アジア諸国へ捜索、救難などの名目で練習機や船舶を譲渡していく方針。従来は財政法上、他国への無償譲渡はできなかった。

 昨年、フィリピンに海上自衛隊の練習機を有償で貸し出そうとしたところ、無償譲渡を求められたことから、財政法の例外規定を自衛隊法に盛り込んだ。

 譲渡により、南シナ海で軍事拠点化を進める中国の牽制(けんせい)に役立ててもらいたい思惑がある。(相原亮)