拡大する写真・図版 「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号のキッチンを実物大で再現するなどした企画展示「食べるを描く。」。宮崎吾朗さんが発案、企画した(C)Museo d’Arte Ghibli(C)Studio Ghibli

[PR]

 三鷹の森ジブリ美術館(東京都三鷹市)で新企画展示「食べるを描く。」が27日、始まった。「となりのトトロ」や「天空の城ラピュタ」のタイガーモス号の台所を実物大で再現。映画の世界を体感できるほか、色づかいなどどんな工夫で本物らしく見せてきたかを絵コンテや監督が手をいれた修正原画などの展示とともに解説する。

 スタジオジブリ作品には食事の場面に演出上の重要な意味が込められている。展示では「千と千尋の神隠し」で千尋が泣きながらおにぎりをほおばり、次第に食欲を戻して困難に立ち向かう力をもらう場面を原画を示しながら「食べ方の変化で感情の動きをあらわしている」などと解説する。

 企画を担当したのは宮崎駿さんの長男で映画監督の宮崎吾朗さん。レモネードを飲む場面で瓶に8色使い、水面に波打つ動きをつけた例を紹介し、「技術そのものでおいしそうに見せている。例えば『ハウルの動く城』ではベーコンエッグを焼く場面でベーコンのふちの油の泡の動きを描く。積み重ねがあってそれらしく作っている」という。「宮崎駿監督の作品はよくベーコンエッグが出てくる。家で作っているときも必ずベーコンエッグ。作り方すごいうるさいんですけど。どうしてなのか考えていたんですが、ビジュアル的に見栄えがして誰でも知っている。ここがポイントじゃないか」と明かした。

 中島清文館長は「宮崎駿監督は『食事のシーンをいれると映画が豊かになる』と言っていました。展示で見てもらえると思う」と話していた。

 来年5月まで。入館は日時指定の予約制。問い合わせは案内ダイヤル(0570・055777)。(青木美希)