[PR]

 伊豆大島で小型のシカ・キョンが増え、農作物の被害が深刻化している。推定約1万3千匹。都は捕獲を強化することを決めた。

 キョンは中国東南部や台湾が原産で、国内は大島と千葉県の房総半島にすみついた特定外来生物だ。大島では1970年、都立大島公園の施設が台風で壊れ、園内で放し飼いだったキョン十数匹が逃げて野生化し、増えてしまった。

 日没迫るころ、島を回り始めた。民家がなく車もあまり通らない東側に入ると、道路脇の草むらに50センチほどの茶色の姿が見えた。キョンだ。あっという間に森に逃げ込む。警戒心が強い。暗がりに1匹、また1匹……。急に車の前に小さな姿が飛び出した。「ごつ!」と鈍い音。「ひいちゃった?」、すぐ外に出て見たが、逃げた後だった。

 1時間半で9匹遭遇した。翌朝…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

関連ニュース