【動画】会見する菅義偉官房長官=山本裕之撮影
[PR]

 菅義偉官房長官は26日午前の記者会見で、前日の前川喜平・前文部科学事務次官の会見について「(一連の文書は)出所不明で、信憑(しんぴょう)性も欠けている。その点は昨日の(前川氏の)会見があっても変わらない」と強調。「行政がゆがめられた」との前川氏の発言について、「指摘は全くあたらない」とした。同氏の出会い系バーへの出入りについては、同氏の会見後に杉田和博官房副長官から「本人に確認したところ事実だったので、厳しく注意した」との報告を受けたという。前川氏の「女性の貧困問題の調査」との説明には、「強い違和感を覚えた。常識的に言って、教育行政の最高の責任者がそうした店に出入りし、小遣いを渡すことは到底考えられない」と批判した。

 高市早苗総務相は26日午前の閣議後会見で「行政がゆがめられる恐れがあるなら、前川氏は(文科省)トップとして他省と話し合いをされるべきだった。(前川氏の)発言は理解できないし、(行政がゆがめられることは)ないと考えている」と述べた。