[PR]

 学校給食の県産品使用率が回復しつつある。原発事故などの影響で、一時、震災前の半分まで落ち込んだが、昨年度の使用率(県産食材の割合)は32・3%で震災前の約9割まで戻った。徹底した放射性物質の検査のほか、保護者との信頼関係の構築など、地道な取り組みが地産地消の流れを後押ししているようだ。

     ◇

 パンに挟むのは、チーズとチキンカツ。サイドメニューは、県産キャベツが主のサラダと豆腐スープだ。

 「具材を組み合わせて作るメニ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら