【動画】三重県南伊勢町で保護され、その後、放流されたメガマウス=鳥羽水族館、長久水産提供
[PR]

 三重県の熊野灘で26日に漁船の網にかかり、保護されていた「幻のサメ」メガマウスが海に返されることになった。水族館への引き取りが検討されたが、比較的元気なことから、海に戻しても生きられると判断された。漁船を所有する水産会社が26日中にも沖合に運び、放す予定。

 メガマウスは体長は約5メートル。口の大きさは1メートルほど。尾鷲港の南約20キロの沖で26日午前0時ごろ、漁船が巻き網を水深約100メートルから引き揚げたところ、網にかかっているのが見つかった。三重県南伊勢町の奈屋浦港まで運ばれ、鳥羽水族館(三重県鳥羽市)のスタッフがメガマウスと確認していた。

 引き取りを検討しに現地を訪れた大阪市の水族館「海遊館」の西田清徳館長(59)が「当初、水づけにして持ち帰り、学術標本にすることも検討したが、目やエラの動きがしっかりしていた」と説明。同館が海に戻すことを提案し、水産会社が応じた。(高木文子)