[PR]

 太平洋側で5年前から大量にとれるようになった「謎」のフグを調べたところ、主に日本海沖に生息するゴマフグと、日本沿岸に分布するショウサイフグの雑種だったことが、水産大学校(山口県)の高橋洋准教授らの研究でわかった。地球温暖化の影響で海水温が上がり、生態系が変わった可能性があるという。

 2012年に茨城県から「見慣れないフグが大量にいる」と情報が寄せられ、茨城、福島、岩手県の太平洋側でとれた約250匹の遺伝子を調べた。

 その結果、見た目では種が不明の187匹のうち149匹がゴマフグとショウサイフグの雑種と判明。このフグ2種は雑種をつくるが、自然界では1%以下とされてきた。

 高橋さんは、日本海側のゴマフ…

この記事は有料会員記事です。残り472文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り472文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!