[PR]

 奈良に縁が深いタチバナの魅力を広く市民に知ってもらおうと、「なら橘(たちばな)プロジェクト推進協議会」が「大和橘の未来を考える会」を始めた。第1回を5月27日に奈良市の西大寺で開き、市民ら約70人が参加。香りの専門家がタチバナについて話した。

 近畿大農学部の元助教、富(とみ)研一さん(32)がタチバナの香りにはリフレッシュ効果があると紹介した。「香料として利用できる。『香りの都』として奈良を発信してもおもしろいのでは」と話した。参加者にはタチバナで香り付けした朱印帳が配られた。

 タチバナは不老長寿の薬として垂仁(すいにん)天皇が奈良に持ち帰らせたとされる。協議会は地域おこしに生かそうと取り組んでおり、各地の寺社や道路沿いに約3千本を植樹してきた。創作菓子やお茶の商品化も手がけ、PRを進める。

 考える会は年2回ほどのペース…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。