【動画】世界最大級の障害物競走「スパルタンレース」が日本で初開催=竹谷俊之撮影
[PR]

 世界最大級の障害物競走「リーボック スパルタンレース」が27日、日本で初めて神奈川県相模原市の在日米軍相模総合補給廠(しょう)で開かれ、約5千人のランナーが様々な障害物を乗り越えゴールを目指した。

 「大人の障害物競走」とも言われるレースには、燃えた木の上を走ったり、泥水の中をはいつくばって進んだりする障害物が約7キロのコース上に22カ所用意された。

 ゴール後、仲間と抱き合った山本まさみさん(27)は「泥の中を匍匐(ほふく)前進したり、思った以上に過酷でした。友達と助け合って走りきり達成感がすごくあります」と話していた。

 主催者によると、レースは2010年に米国で始まり、現在は世界約30カ国で開かれ、年間約100万人が参加しているという。世界大会もあり、今大会の上位者は9月に米国で開かれる大会に参加できる。(竹花徹朗

関連ニュース