[PR]

 27日午後0時40分ごろ、東京地方検察庁(東京都千代田区)の警備員が、庁舎の入り口にある「検察庁」と刻まれた石碑に男がペンキのような塗料をかけているのを、防犯カメラで発見。警備員5人が駆けつけ、器物損壊容疑で60代の男を現行犯逮捕し、丸の内署員に身柄を引き渡した。

 署によると、男は「間違いありません」と容疑を認めており、石碑の近くには塗料の缶が置いてあったという。