[PR]

 南シナ海上空で25日、飛行中の米海軍のP3哨戒機に中国軍の戦闘機2機が異常接近したとして米国防総省が批判している問題で、中国国防省の呉謙報道官は28日、「米軍機1機が香港の南東の空域で偵察活動していたため、中国軍機が法や規則に従って識別調査を行った。関連する操作は専門的で安全だった」と米側の主張を否定した。

 呉氏は「米軍は最近、数度にわたって艦船や軍用機を派遣し、我々の主権と安全を侵害した。適切な措置をとって同様の事件の再発を回避するよう、我々は米側に再度要求する」と主張した。

 米中間では17日にも、東シナ海の上空で米軍の観測機に中国空軍の戦闘機2機が異常接近する事件が起きたほか、25日には米軍が、中国が実効支配する南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島のミスチーフ礁から12カイリ(約22キロ)内に米軍の艦艇を進入させる「航行の自由」作戦を行い、中国側が反発していた。(北京=西村大輔)