[PR]

 28日午後1時35分ごろ、東京都台東区上野5丁目の貴金属販売店で、客を装った男(21)がダイヤモンド2個(609万円相当)を盗んで逃走。間もなく警視庁に窃盗容疑で現行犯逮捕された。

 上野署によると、男は住所不定、無職の自称飯伏慶容疑者。容疑を認め、「お金がなかったので盗んだ」と話しているという。

 飯伏容疑者は入店後、店長の男性(80)に「ダイヤモンドを見せてくれ」と要求。ショーケースからダイヤモンドの石二つを出させて受け取ると、店の出入り口近くの椅子に座って石を見るふりをしていたが、突然、走って店外に逃げたという。店長が「泥棒」と叫びながら追いかけ、110番通報を受けて駆けつけた警察官が店の約400メートル東の路上で飯伏容疑者を取り押さえた。

 現場はJR御徒町駅から約300メートル南で、貴金属販売店などが立ち並ぶビル街。