【動画】時紀行 天智天皇をまつる近江神宮=伊藤進之介撮影
[PR]

 秋の田の刈穂(かりほ)の庵(いほ)の苫(とま)をあらみわが衣手は露にぬれつつ――。

 天智天皇は、百人一首の巻頭にあるこの歌で知られ、近江神宮は「競技かるたの聖地」としても名高い。近江勧学館では、競技かるたの全国大会が開かれ、愛好家が集う。

 神宮の境内には、天智天皇のほかに、万葉歌人の柿本人麻呂や高市黒人の歌碑がある。人麻呂と黒人の歌の題材は、大津の都だ。

 「大津京では、新しい国づくり…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース