[PR]

 安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)の獣医学部新設計画をめぐり、首相は30日午前の参院法務委員会で、文部科学省が内閣府から「総理の意向」などと伝えられた文書の再調査や、文書の存在を証言した前川喜平・前文部科学事務次官の証人喚問を改めて事実上拒否した。委員会に先立ち、自民、公明両党の幹事長は前川氏の証人喚問を拒否する方針を確認した。

 首相は参院法務委で加計学園との関係を問われ、「(1993年に衆院議員に)当選した当初、数年間、監査のようなものを務め、1年間に14万円の報酬を受けたことがある」と明らかにした。

 質問に立った民進の小川敏夫氏は「ゆがめられた形の行政により、首相と密接な関係にある方が特定な利益を得るということが政治のあり方として問題だ」と追及。前川氏の証人喚問や文書の再調査を求めた。

 これに対し、首相は文書の再調査について「文科省は『確認できない』ということだった」と主張。「行政がゆがめられた」などと証言している前川氏の証人喚問は「委員会がお決めになることだ」と述べた。

 首相はさらに「友人の(理事長)加計(孝太郎)さんに便宜をはかったという前提で議論しているが、恣意(しい)的な議論だ」と野党側に反発。「私の知り合いだから頼むといったことは一度もない」と主張した。

 自民の二階俊博、公明の井上義久両幹事長は30日午前、東京都内で会談し、野党が求める前川氏の国会への証人喚問について「(手続きに)瑕疵(かし)はない」として拒否する方針を確認。その上で、加計問題については「内閣府や文部科学省などがわかりやすく、丁寧に説明する必要がある」との認識で一致した。(南彰)