[PR]

 自民党の二階俊博幹事長と公明党の井上義久幹事長は30日午前、東京都内で会談し、加計学園問題について「内閣府や文部科学省などがわかりやすく、丁寧に説明する必要がある」との認識で一致した。この問題をめぐり記者会見で「行政がゆがめられた」などと発言した前川喜平・前文部科学事務次官の国会への証人喚問については「(手続きに)瑕疵(かし)はない」として、拒否する方針を確認した。

 両党の国会対策委員長が同席した会談では、公明側が「(前川氏のように)辞めた人の発言よりも、現職の責任のある人が丁寧にわかりやすく説明することが大事だ」と求めた。野党が求める予算委員会での集中審議については引き続き検討していく。

 また、この日の会談では、性犯罪を厳罰化する刑法改正案について、6月2日の衆院での審議入りを目指す方針を確認した。