[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、正男氏が殺害された時に12万ドル(約1300万円)の現金を持っていたことが、マレーシアの捜査幹部への取材でわかった。捜査当局は、正男氏がマレーシア国内で受け取ったとみている。

 2月6日からマレーシアを訪れていた正男氏は、家族が暮らすマカオに戻ろうとした同月13日、実行役の女2人や北朝鮮籍の男らに空港で待ち伏せされ、顔に猛毒を塗られて死亡した。

 警察が所持品を調べたところ、正男氏の黒のバッグなどから北朝鮮の外交旅券やノート型パソコン、携帯電話2台、薬に加え、大量の100ドル札が見つかった。100ドル札はほぼ新札で、300枚ごとに分けられ、計4束あった。

 多額の現金の国外持ち出しや持…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら