[PR]

 情報通信技術などを使って街灯を「スマート化」し、省エネや街の安全性を向上させる実証事業が1日、木津川市相楽台のイオンモール高の原周辺で始まった。9月末まで続け、効果を確認する。

 通信機器大手・シスコシステムズ合同会社と、省エネのコンサルティング業務などをしている晶和クリエイション株式会社(南区)の協働事業。建物などで死角が多い遊歩道や公園の街灯23基を水銀灯からLEDに交換し、インターネットを通じて明るさや点灯時間などを遠隔操作できるようにした。さらに歩行者を検知するセンサー2台、防犯カメラ3台を設け、それらのデータもネットを通じて蓄積される。

 すべてのデータは市役所内のパソコンで表示でき、点灯状況や電力消費量、通行人の多さなどが分かる。解析したデータを基に、照度や点灯時間を街灯ごとに設定できるため、省エネ効果が期待できるという。事業費は府の補助を含め約2千万円。

 シスコシステムズの鈴木和洋・…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら