[PR]

 小池百合子・東京都知事は1日、都議会での所信表明で、豊洲市場内の地下水から環境基準値を超す有害物質が検出された問題に触れ、「860億円もの土壌汚染対策を施しながら、いまだ(「無害化」するという)約束を守れていないことを都民の皆様におわびする」と陳謝した。

 小池知事は、同市場の無害化は「これまでの都知事が市場業者の皆様、都民の皆様に約束」したものとし、市場業者にも謝罪した。

 小池知事が検討を続けている築地市場からの移転の可否については、安全性に加え、消費者から安心感を得られるかどうかが「最大の課題」と指摘。市場の将来性なども検証して「総合的な判断をする」とした。(石井潤一郎)