[PR]

 英国の欧州連合(EU)離脱決定に伴い、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が、傘下証券の欧州内の新たな拠点としてオランダのアムステルダムを有力候補として検討していることがわかった。今夏にも最終決定する。

 三菱UFJFG傘下の証券会社は現在、ロンドンに拠点を構える。EU加盟国の一つで営業許可を取れば域内で活動できる「シングルパスポート制度」を利用してきたが、英国のEU離脱決定により、域内で新たな拠点を探す必要に迫られていた。ロンドンでの事業を再編し、アムステルダムにも拠点を設ける方向だ。

 証券業界では、野村ホールディングス(HD)と大和証券グループが、ドイツのフランクフルトに新たな拠点を構える方向で調整している。