[PR]

 東京都江戸川区で2015年に岩瀬加奈さん(当時17)を殺害して現金を奪ったなどとして、強盗殺人などの罪に問われた無職青木正裕被告(31)が1日、検察側の求刑通り無期懲役とした一審・東京地裁判決を不服として、控訴した。

 判決によると、青木被告は15年11月、アルバイト先の元同僚の岩瀬さんを自宅に誘い出し、首を絞めて殺害。財布から現金7500円を奪うなどした。公判で青木被告は「無期懲役は実質的な終身刑です。私は唯一、それだけはいやです」と述べていた。