[PR]

柳川の海産物問屋社長・金子英典さん

 有明海ならではの固有種は年々激減し、今や待ったなしの危機的状況。種がなくなれば復活は絶対にあり得えません。

 こんな状況になった要因はいくつかあるように思います。すべて人為的なもの。山と海はいわば水産物の父と母ですが、筑後川に大きな堰(せき)が設置され、栄養豊かな砂の流れが阻害されたとも言われます。また、放置された炭坑で陥没が起こって干潟の面積自体が減少したり、家庭排水が流入したりしている影響も否めません。そしてとどめのような、諫早湾の水門。

 砂の代わりに、貝類の生育に悪影響を与えるヘドロが増えました。貝が減れば魚も減るんです。有明海をなんとかしたいという思いで、私はヘドロの浄化作用を持つフルボ酸鉄の研究開発にも積極的に関わっているところです。

 弊社の土産品には、ワラスボやムツゴロウのだしから作った「エイリアンラーメン」「むつごろうラーメン」や、「エイリアンエナジー」という栄養ドリンクなどがあります。目が退化し鋭い歯を持つ迫力あるワラスボの顔を、「エイリアン」に見立てました。ムツゴロウは愛らしい姿をモチーフに。どれも、少しでも有明海に関心を持ってもらえればという願いで生み出した、我々の有明海への思いが詰まった商品です。

こんなニュースも