【動画】電柱の上の巣から飛び立ったコウノトリのヒナ=コウノトリ定着推進連絡協議会提供
[PR]

 徳島県鳴門市で誕生した国の特別天然記念物コウノトリのヒナ3羽のうち2羽の巣立ちが2日確認された。雌1羽が電柱の上の巣を飛び立ち、雄1羽が続いた。

 兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園(同県豊岡市)が2005年に放鳥を始めて以降、野外繁殖で、巣立ちが確認されたのは、豊岡市とその周辺以外では初めて。

 2羽の愛称は、特産のレンコンや、巣がある鳴門市大麻(おおあさ)町から取った雄「蓮(れん)」と雌「あさ」。残る1羽は雄「なる」。みんな、いつか全国に羽ばたいて。