[PR]

 フィリピンの首都マニラの複合型リゾートホテルで男が発砲して放火し、37人が死亡した2日未明の事件で、中東の過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。ただ、警察は犯行後に自殺した男による強盗事件だったとして、IS説に否定的。男を現場へ車で送り届けた地元の男性を「参考人」として事情聴取するなど、全容解明を急いでいる。

 現場は、ニノイ・アキノ国際空港から約200メートルの距離にある「リゾーツ・ワールド・マニラ」。カジノやホテル、飲食店などからなり、普段は外国人ら多くの客でにぎわうが、事件後は一帯が警察によって封鎖され、宿泊客も厳重な荷物検査を受けていた。

 警察などによると、男は2日午前0時(日本時間同1時)過ぎにホテルの駐車場に車で到着すると、2階のカジノの警備員を銃で威嚇して侵入。カジノで現金と交換して使うチップの保管所で発砲し、ガソリンのような液体をまき、火をつけた。男はその後、警備員に足を撃たれ、ホテルの一室で焼身自殺した。犠牲者37人の大半は、火災の煙による窒息死だったという。

 男を目撃した男性客は、「戦闘…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも