[PR]

 ウォルト・ディズニー・ジャパンは2日、実写映画「美女と野獣」の興行収入が100億円を突破したと発表した。4月21日の公開から今月1日までの42日目で大台に達した。興行収入255億円の大ヒットとなったディズニーのアニメ映画「アナと雪の女王」(2014年)が公開から37日間で100億円を超えた記録に迫る勢い。

 米ウェブサイト「ボックスオフィス・モジョ」によると、「美女と野獣」の世界での興収は、現在「アナと雪の女王」に次ぐ歴代10位を記録している。