[PR]

 旭山動物園(旭川市)のポスターを手がけてきた同市在住の写真家今津秀邦さん(48)による映画「生きとし生けるもの」が3日、公開された。道内の野生動物たちの姿をとらえた作品で、今津さんら11人のカメラマンが撮影した映像が使われている。東京と札幌、旭川の3館で上映される。

 今津さんは旭川の映画館で行われた舞台あいさつで「5年がかりだったが、納得のいくものができた」。映画の冒頭とラストに入るナレーションを吹き込んだ俳優の津川雅彦さんは「命は巡る、一度限りだが永遠だということが表現されていて感動した」と話した。

 今津さんは2003年分から旭山動物園のポスターやパンフレットを撮影。津川さんが監督した09年公開の映画「旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ」では動物の撮影を担当した。

 映画は16年2月に完成試写会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら