拡大する写真・図版 ロンドン橋周辺、実行犯の動き

[PR]

 英ロンドン中心部のテムズ川にかかるロンドン橋で3日午後10時(日本時間4日午前6時)ごろ、白いバンが暴走して複数の歩行者をはねた。実行犯の男3人はバンを乗り捨てた後、橋の南側にある食材市場「バラマーケット」付近で、人々をナイフで襲った。ロンドン警視庁などによると、一連の事件で7人が死亡、警官を含む48人が負傷し、病院に搬送された。実行犯3人は、駆けつけた警官に射殺された。

 警察当局は事件をテロと断定。犯行声明などは確認されていないが、メイ首相は首相官邸前での演説で、容疑者がイスラム過激思想に感化されていたとの見方を示した。

 英メディアによると、暴走した白いバンは、ロンドン橋を南へ走行しながらスピードを上げ、ジグザグ走行をしながら5~6人の歩行者をはねたという。

 警察当局によると、間もなく現場に駆けつけた武装警官8人が銃弾約50発を発射して実行犯の男3人を射殺した。3人はいずれも自爆テロ用の爆発物らしき包みがついたベストを身につけていたが、偽物で爆発物ではなかったという。

 現場付近は飲食店が多く、観光客も多く訪れる地区。週末で、多くの人でにぎわっていた。事件を受けてロンドン橋や最寄り駅は封鎖され、一帯の道路には規制線が張られた。

 カナダ政府は、事件でカナダ人1人が死亡したと発表した。英メディアによると、負傷者にはフランス人4人とオーストラリア人、スペイン人、ドイツ人各1人が含まれる。21人が重体という。在英日本大使館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。

 武装警官らが4日朝から、ロンドン東部バーキングの公営住宅など、容疑者の自宅とみられる住所を含む複数箇所を家宅捜索し、12人を拘束した。

 ロンドンでは3月下旬、今回の現場から約2・5キロ離れたウェストミンスター橋で車と刃物を使ったテロが起き、5人が死亡、約50人が負傷している。また5月22日には中部マンチェスターのコンサート会場で、10代の少女ら22人が死亡する自爆テロ事件が起きたばかりだった。(ロンドン=渡辺志帆、高野遼)