[PR]

 民進党の蓮舫代表は4日、加計学園の獣医学部新設問題について「行政がゆがめられたことが本当にあったのか、首相の認識をたださなければいけない」と述べ、安倍晋三首相が出席する5日の衆院決算行政監視、参院決算の両委員会で追及する考えを示した。東京都内で記者団に語った。

 蓮舫氏は、文部科学省内で「官邸の最高レベルが言っている」と伝えられた文書を共有していたことを示すメールを入手したとして、送受信に関わった職員の調査を要求。前川喜平・前文部科学事務次官の証人喚問に与党が応じなければ「国会への影響は免れない」とし、与党が会期内成立を目指す「共謀罪」法案の審議に応じない構えを見せた。

 一方、自民党の竹下亘国会対策委員長は津市の講演で、改めて前川氏の証人喚問を拒否。「共謀罪」法案の成立のため、「できれば延長したくないが、会期内に成立させられなければ延長も覚悟している」と述べた。