[PR]

 漫画家手塚治虫の代表作「リボンの騎士」。その主人公サファイアが身に着けたものをイメージした時価3億円の王冠の戴冠(たいかん)式が4日、大阪市内であった。

 神戸市の宝石店「ジュエリーカミネ」が、67カラットのスターサファイアやダイヤモンドなどをちりばめて制作。20日までグランフロント大阪店で公開する。

 重さは約300グラム。戴冠式では、手塚とゆかりの深い兵庫県宝塚市の観光大使2人が王冠を頭に載せ、「まるでサファイアになった気分です」。