[PR]

 京都市でごみを集めるごみ収集車のエンジンルームに、キセキレイが巣を作り、ひな3羽が生まれた。親鳥はバンパーの隙間からえさを運び、懸命に子育て中。収集車を管理する運送会社の関係者らも、その様子をそっと見守っている。

 キセキレイが巣を作ったのは、山科区の運送会社「関厚(かんこう)運輸」が所有する収集車。5月15日の朝、区内の駐車場に止めてあった予備車のエンジンオイルを点検しようと社員の谷口研さん(37)がエンジンルームを開けたところ、バンパーのすぐ手前にあるラジエーターファンの上に直径約15センチの鳥の巣を見つけた。巣の上には小さな卵が四つあった。この予備車を最後に使ったのはその約1週間前。その短い期間で親鳥が巣を作り、卵を産んだとみられる。

 以来、予備車の使用は見送り、谷口さんを含めた約20人の社員は、時間を見つけては巣の様子を見に行くようになった。

 孵化(ふか)が確認できたのは29日の朝だった。四つの卵のうち三つがかえっていた。もう一つは残念ながら、かえらなかった。ひなたちはオレンジ色の口を大きく開け、親鳥が運んでくれるえさを待つ。

 京都市動物園によると、キセキ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら