[PR]

 回転すし大手のあきんどスシローは5日、東京の池袋と五反田の2店舗で、すしの宅配を始めた。米配車サービス大手ウーバー・テクノロジーズの宅配事業「ウーバーイーツ」に委託。高齢者や忙しい共働き世帯など、店に来られない客への浸透を図る。

 客はスマートフォンなどからアプリを通じて注文。マグロやサーモン、エビなどが入った「並盛り合わせ」(15カン)は、宅配料込みで税込み1080円だ。7月からは東京都世田谷区の店舗でも、楽天系の「楽びん!」に委託し、宅配サービスを始める予定。

 スシローは郊外を中心に出店しているが、昨年から都市型の店舗を構えた。周辺では、1人分など少量で、価格が比較的安めの宅配すしのニーズがあると踏んで、宅配サービスを始めた。今後、全国の他の地域で展開するかを見極めるという。(新宅あゆみ)