[PR]

 サンフランシスコの北100マイル(約160キロ)ほどの景色のよい湖の上を一台の「空飛ぶ車」が飛んだ。

 一人乗りで、屋根はない。重さ220ポンド(約100キロ)。バッテリーを使い、八つのプロペラを回して飛ぶ。音は、高速モーターボートほどの大きさだ。「車」と言うよりは、米SF映画「スター・ウォーズ」に出てくる人物、ルーク・スカイウォーカーが、さまざまな部品で組み立てた奇妙な装置と言った方が近いだろうか。

 製造したのは、シリコンバレーのベンチャー企業キティー・ホーク社。グーグルの共同創業者ラリー・ペイジが支援しており、他社に先駆けて2017年末までにこの「車」を売り出そうとしている。

 テクノロジー業界は、変革に挑…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも