[PR]

 第11回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の1次予選の組み合わせが決まった。開幕を飾るプロアマ一斉対局には、中学生棋士の藤井聡太四段が登場する。初戦の相手は、学生名人の東京大1年、藤岡隼太(はやた)さん(19)。対局は公開され、朝日新聞デジタルではライブ中継する予定。

 今回の朝日杯は、棋士160人と女流棋士3人、アマ10人が出場する。決勝は来年2月の予定。前回優勝の八代弥(わたる)六段、佐藤天彦名人らタイトル保持者はシードされ、149人が16のブロックに分かれて1次予選を戦う。

 プロ10人とアマ10人が戦うプロアマ戦は、東京・築地の朝日新聞東京本社と大阪・福島の関西将棋会館で17日に行われる。稲葉聡・朝日アマ名人は西田拓也四段と対戦する。10、11日に行われる朝日アマ名人戦三番勝負で稲葉さんと戦う横山大樹さんは近藤誠也五段と当たった。

 初の公式戦の公開対局で学生名人と対戦する藤井四段は「対局を多くの方に見ていただけるのはうれしい。プロとして負けられない気持ちはあるが、いつも通り指したい」、藤岡さんは「藤井四段との対戦は二度とないことだと思う。自分の力を出し切れるようにしたい」と話した。

 朝日新聞東京本社では、午前10時半から大盤解説会がある。解説者は藤井猛九段と青嶋未来五段。無料。関西将棋会館の対局は観戦可能。午前10時からは、糸谷哲郎八段と宮本広志五段による大盤解説会が開かれる。1千円(中学生以下半額)。(村瀬信也

     ◇

朝日杯の対戦カード

【東京対局】

(午前10時開始)

梶浦宏孝四段-山田洋次アマ

井出隼平四段-鈴木純一アマ

佐々木大地四段-小山怜央アマ

(午後2時開始)

近藤誠也五段-横山大樹アマ

高野智史四段-清水上徹アマ

杉本和陽四段-細川大市郎アマ

【大阪対局】

(午前10時開始)

都成竜馬四段-野崎雅敬アマ

大橋貴洸四段-田中博己アマ

(午後2時開始)

藤井聡太四段-藤岡隼太アマ

西田拓也四段-稲葉 聡アマ