[PR]

 神奈川県大井町赤田の東名高速下り線で5日午後9時35分ごろ、車4台が絡む事故があり、ワゴン車の静岡市清水区草薙一里山、萩山友香さん(39)と夫の嘉久さん(45)が死亡した。同乗していた娘の女性(15)と女児(11)、乗用車の福岡県中間市の男性(25)が軽傷、男性の同乗者の女性が腰の骨が折れる大けがをした。

 県警高速隊によると事故当時、追い越し車線にワゴン車と乗用車が停止しており、萩山さん夫妻と乗用車の男女の計4人が車から降りていた。そこに広島市安佐北区の男性運転手(63)の大型トラックが追突。さらに後ろから来た神奈川県開成町の男性(53)の乗用車がトラックに衝突したという。高速隊は、2台が停止していた理由など事故原因を調べている。

     ◇

 神奈川県大井町赤田の東名高速下り線で5日に起きた車4台が絡む死亡事故で、県警は7日夜、亡くなった静岡市清水区の夫妻のうち妻の氏名について、萩山友香(ゆか)さん(39)と訂正し、発表した。当初は有香さんとしていた。県警によると、報道機関向けの発表資料に記載する際に誤り、遺族からの指摘で気づいた。