[PR]

 6日午前9時15分ごろ、福岡県小郡(おごおり)市小板井の住宅で「妹が自殺している」と110番通報があった。県警によると、この家に住む無職の母親(38)と小学生の長男と長女が室内で死亡していた。現場の状況や家族の説明から、母親が2人を殺害し、無理心中を図ったと県警はみている。

 小郡署などによると、亡くなったのは小学4年の中田涼介君(9)と1年の実優(みゆ)さん(6)。母親の氏名は明らかにしていない。

 子ども2人は2階の布団の上でうつぶせに倒れ、首に絞められたような痕があった。母親の遺体は1階の台所で見つかった。

 一家は両親と子ども2人の4人暮らし。父親は県警の警察官で、6日早朝に出勤。午前8時半ごろに小学校から「涼介君と実優さんが来ていない」と父親に電話があり、父親から連絡を受けて訪ねてきた姉が遺体を見つけ通報した。

 父親と姉は県警に対し、「母親は最近、育児のことで悩んでいる様子だった」と説明しているという。

 子ども2人が通う小学校の教頭は「前日まで元気に登校していた。トラブルは把握しておらず、大変驚いている」。児童相談所も相談は受けていなかったとしている。