[PR]

 福岡県小郡(おごおり)市の住宅で6日朝、母親と小学生の兄妹2人の遺体が見つかった事件で、福岡県警は7日未明、「無理心中の可能性がある」としていた当初の説明を一転させ、「3人とも殺害されたと断定した」と発表した。同日、小郡署に捜査本部を設置し、改めて捜査を始めた。

 県警によると、事件は6日午前9時15分ごろに発覚。小郡市小板井の住宅で「妹が自殺している」と110番通報があり、この家に住む無職中田由紀子さん(38)と小学4年の長男涼介君(9)、小学1年の長女実優(みゆ)さん(6)が室内で死亡しているのが見つかった。

 涼介君と実優さんは2階の布団の上で倒れ、首に絞められたような痕があった。由紀子さんは1階の台所で倒れていた。

 捜査1課や小郡署は当初、取材に対し「母親が子ども2人を殺害後に自殺した、無理心中の可能性がある」と説明。だがその後、由紀子さんの司法解剖の結果、死因は首を圧迫されたことによる窒息死と判明し、3人とも殺害されたと判断した。遺体の状況などから、3人は6日午前0時から9時ごろにかけて死亡したとみられるという。

 一家は夫婦と子ども2人の4人暮らし。夫は県警の警察官で、6日午前7時前に出勤。午前8時半ごろに小学校から、子ども2人が来ていないと夫に電話があり、夫から連絡を受けて訪ねてきた由紀子さんの姉が遺体を見つけ通報した。

 夫は県警に対し「出勤時、3人は寝ていた」と説明しているという。

     ◇

 発覚当初、「無理心中の可能性がある」とした理由について、県警は7日未明、①由紀子さんが殺害されたのかどうか外見ではわからなかった②由紀子さんの姉が「妹が自殺している」と通報した③由紀子さんの夫と姉が「由紀子さんが育児のことで最近悩んでいる様子だった」と話した――ためだったと報道陣に釈明した。玄関は無施錠だったが、室内に荒らされた形跡はないという。