[PR]

 広島市中区流川町の雑居ビルで2015年、3人が死亡した火災で、広島県警は7日、ビル内の飲食店の店員の男(26)=同市西区=がガスバーナーでゴキブリを駆除しようとして引火したとして、重過失致死傷と重過失失火容疑で広島地検に書類送検し、発表した。「こんな場所で火を使えば火災になり、危険だという認識が薄れていた」と容疑を認めているという。

 火災は15年10月8日午後9時40分ごろ発生。木造一部鉄骨の2階建てビルが全焼し、2階のメイドカフェのアルバイトの女性(当時28)と男性客2人(共に当時36)が死亡した。

 県警によると、男はガスバーナーに火をつけ、アルコールスプレーを噴射してゴキブリを駆除しようとし、火が段ボールなどに引火。ビルに燃え移って3人を死亡させ、3人を負傷させた疑いがあるという。また、ビルの所有者の女(57)とメイドカフェの店長だった女(47)も、適切な避難訓練などを実施しなかったなどとして業務上過失致死傷容疑で書類送検した。(松崎敏朗)