拡大する写真・図版 警察車両で大淀署を出る大坂正明容疑者(後列中央)=7日午後0時6分、大阪市北区、筋野健太撮影

[PR]

 1971年に過激派・中核派の学生らが警察官を殺害した渋谷暴動事件で、指名手配されていた大坂正明容疑者(67)が7日、警視庁に殺人など五つの容疑で再逮捕された。約46年逃亡を続けていた大坂容疑者。同日午後、大阪府警大淀署から警視庁に向けて移送された。

 大坂容疑者は7日正午すぎ、捜査員に付き添われてワゴン車に乗り、パトカーや捜査車両に先導されながら、勾留されていた大阪市北区の大阪府警大淀署を出た。雨が降る中、署の前には報道陣約50人が詰めかけた。ワゴン車の後部座席中央に座った大坂容疑者は白髪が交じる短髪で、黒縁の眼鏡をかけ、顔を上げて正面を向いていた。署の周辺には午前10時すぎから、「大坂さんは無実です」などとスピーカーから大音量で流す車が走っていた。

 午後0時半に、東京行きの航空機に乗るため大阪(伊丹)空港に到着。車が豊中署空港警備派出所前に止まると、ジャージー姿の大坂容疑者が約10人の捜査員に囲まれながら、無表情のまましっかりした足取りで建物へと入った。

 大坂容疑者は逮捕後、名前も名乗らず、黙秘を続けている。取り調べに対して「お茶を下さい」などと言葉を発する程度だという。