[PR]

 JR東海は7日、特急「ひだ」「南紀」に蓄電池とディーゼルエンジンで動くハイブリッド車両を同社として初めて投入すると発表した。2019年末に試験走行車(1編成4両)を造り、22年度までの置き換えを目指す。

 現在の85系気動車(ディーゼル車)は1両にエンジンが2基ついているが、エンジンは1基に減り、より静かになるという。燃費は約15%向上し、二酸化炭素の排出量も約15%減る。

 トイレは洋式にし、温水洗浄便座を装備。全席にコンセントを設け、スーツケースなどを置ける荷物置き場を客室内に設ける。

 ハイブリッド車両はJR東日本…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら