[PR]

 福岡県小郡市の住宅で6日朝、母親と小学生の兄妹の遺体が見つかった事件で、兄妹の死亡推定時刻が6日の午前0~5時ごろだった。県警が7日、発表した。

 県警によると、死亡したのは無職の中田由紀子さん(38)、小学4年の長男涼介さん(9)、小学1年の長女実優(みゆ)さん(6)。司法解剖の結果、死因はいずれも窒息死で、死亡推定時刻は由紀子さんが6日午前0~9時ごろ、涼介さんと実優さんは午前0~5時ごろだった。

 由紀子さんの夫は県警本部で勤務する巡査部長(38)。県警に対し「午前7時前に仕事で家を出た。そのとき3人は寝ていた」と説明しているという。