[PR]

 「あのバカ民共で、余計な全く意味のないかたちで国会に呼び出すから」。大阪府の松井一郎知事(日本維新の会代表)は7日、予定していた菅義偉官房長官との面会がかなわなかったのは、民進、共産両党が国会審議で菅氏を追及し続けているからだと当たり散らした。首相官邸で記者団に語った。

 松井氏は府内の百舌鳥(もず)・古市古墳群の世界文化遺産登録について陳情するため、菅氏に会うはずだった。だが菅氏は衆院内閣委員会で「加計学園」問題などについて答弁することになり、代わりに和泉洋人首相補佐官が対応。松井氏は「国会が一番重要な官房長官のお仕事ですから」としながらも、おさまらなかったようだ。