てんでんこ 皇室と震災・第2部1

 天皇陛下は皇太子時代の1959年10月、伊勢湾台風の被災地を訪れている。当時25歳。4月に結婚した皇太子妃美智子さまは懐妊中で、単身での訪問だった。

 伊勢湾台風は59年9月26日に東海地方を襲い、暴風雨と高潮で愛知、岐阜、三重3県の平野部が泥水につかった。約5千人が死亡・行方不明となり、100万人以上が被災するという甚大な被害が出ていた。

 皇太子明仁さまの列車が国鉄名古屋駅に着いたのは台風来襲8日後の10月4日午前11時25分ごろ。東海道新幹線が64年の東京五輪直前に開通する5年も前。午前7時に出発する特急「第一こだま」で4時間以上かかった。

 月刊誌「日本」59年12月号にルポ「皇太子水害地を行く」が載った。筆者は中部日本新聞(のちの中日新聞)の宮岸栄次(みやぎしえいじ)社会部長。

 「田という田は一面の水びたし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース