[PR]

漆原良夫・公明党中央幹事会会長(発言録)

 (加計学園の問題で)一番の論点は、手続きが適正に行われたかどうか。総理の意向があったかどうか、ねじ曲げられたかどうか、が中心の課題だ。そういう点では、政府も丁寧に説明する態度が必要だ。残念ながら(安倍晋三首相が出席する予算委員会の)集中審議はなくなったようだが、野党の立場に立てばもったいないことをしたと思う。総理に話が聞けるチャンスだったから。そういう機会を大事にして、総理も丁寧に、国民にわかりやすい説明をするべきだと思う。(記者会見で)