写真・図版
[PR]

 熱いラーメンやうどん、香辛料が利いた食べ物を食べたとき、鼻水が出て困ることがあります。出ないようにする手立てはあるのでしょうか。

 熱い麺類を食べると、口から麺やスープが入るだけでなく、鼻からも湯気などが入り、鼻や口全体が温められる。温かい空気は冷たいものに触れると結露するように、湯気は鼻の奥にある鼻腔(びくう)の冷たい粘膜に触れると、水滴になる。鼻の粘膜にある鼻水は水分で希釈される。熱いものを食べたときの鼻水が水っぽいと感じるのは、そうしたメカニズムがはたらくためだ。

 カレーうどんやトウガラシを利かせたパスタ、酢をつけたギョーザなど、香辛料を含んだ食べ物の場合は、別のメカニズムもはたらく。香辛料が鼻の粘膜や舌などにある、知覚神経を刺激すると、交感神経と副交感神経がどちらも活発になり、発汗につながるとともに、鼻の粘膜から鼻水が出る。熱くスパイシーなものは、両方のメカニズムがはたらくため、状態はひどくなる。

 出ないようにできないか――。…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら