[PR]

 トマトジュースの製法を巡り、食品メーカー「カゴメ」(名古屋市)が、飲料メーカー「伊藤園」(東京都)の特許無効の確認を求めた訴訟の判決で、知財高裁(森義之裁判長)は8日、カゴメの請求を認めた。伊藤園の特許を有効とした特許庁の審決を取り消した。

 問題になったのは、トマト以外の果汁を加えずに「濃厚な味わい」やフルーツトマトの甘みを出す技術。伊藤園が2013年に特許登録し、カゴメの一部商品に技術が使われていると指摘した。これを受け、カゴメは特許無効を特許庁に申し立てたが、認められなかったため、提訴していた。

 判決は「特許の記載からは、濃厚な味わいや甘みを得られる裏付けを他の事業者が理解できない」と述べ、特許は無効と結論づけた。

 判決を受け、カゴメは「妥当な判決」とコメント。現在はこの技術を使った製品は販売していないという。伊藤園は「判決内容を精査し、今後の対応を判断する」とした。(後藤遼太)