[PR]

 「あなたの名前でオリンピックの入場券が大量に買われている」。「罪に問われる可能性があり、裁判所にお金を払う必要がある」。こういった電話がウソだと気付かないまま、佐賀市内の90代女性が約6300万円をだましとられた。佐賀南署が8日発表した。

 署によると女性は一人暮らし。昨年8月ごろ~今年5月26日、被害にあった。少なくとも38回、東京など関東のアパートに200万~100万円を宅配便で送った。主に市内のコンビニからだった。送り先は空き室になっていたという。

 最初は、オリンピック関係機関や老人ホームの職員を名乗る男から自宅に電話があった。オリンピック入場券や老人ホーム優先入居権の話だったという。

 その後、警察官を名乗る男から入場券の大量購入や、優先入居者名簿に名前が載っていることが罪に問われる可能性があるとして、「裁判所にお金を払う必要がある」「全額返金される」と言われたという。「裁判所が足りないと言っている」との電話もあり、被害が膨らんだという。

 市内のコンビニから先月31日、「頻繁に荷物を送る高齢者がいる」と警察に連絡があり被害が分かった。

 県警によると、2006年以降、同様の手口でだまされた被害額としては2番目に多い。15年に7900万円の被害があった。