[PR]

 内戦状態が続く東アフリカのソマリアで8日、北部プントランドの軍基地が、同国を拠点とする国際テロ組織アルカイダ系のイスラム過激派「シャバブ」に襲われ、兵士20人が殺害された。ロイター通信が軍関係者の話として伝えた。

 一方、シャバブは今回の攻撃で兵士61人を殺害したと主張。70人近くが死亡したとの報道もあり、情報は交錯している。(ヨハネスブルク=三浦英之

こんなニュースも