[PR]

 現職警察官が殺人容疑で逮捕された、福岡県警。今年に入り不祥事が相次いで明らかになっており、実効性のある再発防止策が課題になっている。

 県警は、乗用車を飲酒運転し、パトカーに追跡され事故を起こしながら逃げたとして、行橋署の30代の男性巡査部長を1月に懲戒免職にした。調べに対し「飲酒運転がばれると職を失うので、怖くなって逃げた」と説明したという。

 2月には、既婚者なのに独身女性と不倫し、結婚披露宴を開こうとした小倉北署の40代の巡査部長を減給処分に。披露宴では「新婦」側の親族や友人が集まる中、巡査部長側は本人だけ。式場は紛糾し、警察官が出動する騒ぎになった。

 3月には留置管理課内の集団わいせつ、パワハラ事案が発覚。飲み会で同僚女性にわいせつ行為をしたり、男性課員同士に「宴会芸」として氷の口移しをさせたりしたとして、計7人が処分された。うち50代の男性警部補2人=退職=は強制わいせつ罪で起訴された。

 監察官室によると、懲戒処分を受けた県警職員は今年に入って12人に上る。そんな中で起きた、今回の殺人容疑事件。8日の会見では、止まらない不祥事への認識や、再発防止策の効果を問う質問が相次いだ。

 久田誠警務部長は「重く受け止め、それぞれの原因、背景を究明し、信頼回復に努める」と述べた。

 今回の逮捕を受け、全職員に対し、注意を喚起する通達を県警本部長名で出したという。(小野大輔)

福岡県警の今年の主な不祥事

・酒気帯び運転で事故を起こして逃げたとして、行橋署の男性巡査部長を懲戒免職(1月)

・既婚者であることを隠して独身女性と不倫し、結婚披露宴を開こうとしたとして小倉北署の男性巡査部長を減給(2月)

・同僚の女性警察官にわいせつな行為をしたなどとして、留置管理課の警部補ら7人を停職などの処分(3月)

・警察署に届いた落とし物を着服したなどとして、中央署の一般職員を懲戒免職(5月)

※カッコ内は処分があった月